企業研修 感想文|20代 女性 販売業

企業研修を天光寺にて、二泊三日過ごしました。三日間はとても長かったようで、とても短かった。1日目は挨拶や声だし、そして般若心経を百回朗読しました。その後、「いらっしゃいませ」「ようこそお越し下さいました」「ありがとうございました」「お気をつけて、お帰りくださいませ」なども各100回ずつ行った。 般若心経は正座した状態で、とても長めのお経を行った為、足と声が辛かった。普段見慣れてい無いものなので、一緒に参加した同期も言っていたが、目が疲れた。私は少しの仏教の知識があるため、其の分だけは楽しめました。相当辛い読経であったが、終わってからの達成感はとても感じ入ることが出来た。 2日目は、おそらく最もハードな日だろうと考えていたが、予想以上よりもハードだった。光明真言、御宝号を百回と千回読み、お百度参り滝行そして三禮を百セット行った。やはり最も印象に残っているのは、滝行であった。「想像より厳しい」と、言われていたので覚悟して行ったが、思ったよりは厳しそうではなかった。しかし、滝行にいざ入ってみると、滝に打たれて呼吸を上手くできず大変だった。周りのサポートもあり、呼吸を整え御宝号を唱えることが出来た。 その際に、とても感じたことは「仲間の存在の大きさ」だった。滝に入った時間は短かったが、一人ずつ入ることが出来た。皆が応援してくれているので、とても心強かった。このような機会はなかなか無いので、とても良い経験をさせてもらえたなと会社や天光寺の方々、そして良縁に感謝の念を持ちました。 滝行では「私は、何をしているのだろう」と滝に入り、水の冷たさや打ち付けてくる滝水に集中しました。少し慣れてきて感じた「仲間の存在」は、きっと二度と忘れないです。そして仲間には、お百度参りでも同じことが、感じられることが出来ました。お百度参りでは御宝号を唱えて礼をして走り、その行為を五人で呼吸をそろえて行うことで、一体感を感じることが出来ました。自然豊かな環境の中で、同じ行為を皆と行うことができて良かったです。 三日間の研修では、一番身体に感じられたものは、滝行でもお百度参りでもなく「三禮」だった。発声しながら身体を動かすもので、普段運動不足の私にはとても厳しかったです。これに関しても、隣で頑張っている同期がいてくれたことで、最後まで立ち上がることが出来たと思います。 最終日には、十三仏真言を各百回朗読しました。そして、住職からの有り難い法話を聞く事が出来ました。貴重な経験が出来たことや話を下さったこと、ありがとうございました。

お問い合わせContact

研修プログラムなどに関するご質問は、
電話やお問い合わせフォームより
受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

TEL 042-631-6617

【受付時間】10:00~21:00

お問い合わせフォーム