新人社員研修

新人研修の目的

”心をみがき、人間をひとまわりおおきくする”

新人社員研修の第一の目的は、社会人としての基礎を確立させることです。 
特に学生気分から社会人であることを自覚させ、仏教を通じて新入社員を学生から社会人として意識改革させます。

入社前の新入社員を対象とした研修です。 
「企業人・社会人としてのあり方」「気配りとマナー」を学ぶことが重要です。

 

 

瞑想

法話


新人社員の基本行動・社会人スキルの習得

新卒内定者の多くは社会人の経験がありません。社会人としての身に付けておくべきマナーや基本行動などもほとんど知らないといっていいでしょう。

相手に失礼のないように、また、会社のイメージダウンにならないように、

まず社会人に必要とされる最低限のスキル=”挨拶の徹底”を習得させるのが、新入社員研修の目的であるといえます。

 

研修を通して、新入社員が常識的に行動できるよう、社会人としての自覚を持てるように意識を変えることが重要です。

学生から社会人としての違いを学び、意識改革をしていくのです。

早期戦力化を目指す

会社の一員として何をするべきか、自分の役割を認識し、目標を設定してもらうということも必要です。
会社のことをよく理解していなかったり、仕事をする上での目標がなかったりすると、労働意欲が薄れ、新入社員の早期離職につながってしまう恐れがあります。

 

社会人としての新入社員には、組織の一員として、一日も早く会社の戦力になってもらわなければなりません。 積極的な心を持たせる、意識の変容、人間力を養う。
研修を通じての連帯感、横のつながりを作っていきます。